本店Kです。今回はちょっとまじめなお話です^^;

本店でもレーザーを利用した測量機器など多数取り揃えております。

使い方を誤ると失明などの危険な事故につながる可能性があるので注意したいですよね。

アメリカ軍のレーザー兵器なんか、思わずガンダムを想像してしまいますが、
現実はあんな派手なビジュアルではないようです。
Classical_spectacular_laser_effects
こんなイメージかな??

 

実際に兵器として使うには、軍艦一隻分の設備が必要だとか何とか。。。

強力な電力で大出力のレーザー光を一瞬で目標に照射し、高熱で破壊するもの。。。
古くはアメリカのレーガン大統領の「スターウォーズ構想」で
宇宙空間に打ち上げられた核ミサイルを打ち落とすための研究開発を進めていましたね。
何でも、宇宙ステーション並みの人工衛星型レーザー発射基地で電力供給は核分裂(原爆)を利用するのだとか。
人類って恐ろしい事を実現してしまうんですね~

レーザー光線自体は夜のクラブなんかのレーザーイルミネーションとは違い、
兵器用の光線は昼間はほとんど目視できないようです。
実験映像では、突然目標が爆発しているので、ほんとにレーザー当ったんかいな~??っていうイメージ。

で、レーザーの実用化は多大に軍事技術が応用されていまして、CDをはじめ光学プレイヤーや光通信、
先に説明いたしました測量機、はたまた工業用切断などにおいて広く普及し
現代生活に欠かせない存在になっております。

ちなみに、「レーザー」とは
Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation
(輻射の誘導放出による光増幅)の頭字語だそうです。造語なんですね。

★レーザー機器には注意書きに必ず「クラス」が書いてあります。。。

●クラス1
合理的に予見可能な運転状況下で安全であるレーザー。
どのような光学系(レンズや望遠鏡)で集光しても、眼に対して安全なレベルであり、
クラス1であることを示すラベルを貼る以外は特に対策は要求されていない。
●クラス2
可視光のみに規定され、眼の保護は「まばたき」などの嫌悪反応により行われることにより
クラス1なみの安全が確保されるレーザー。
●クラス1M
合理的に予見可能な運転状況下で安全である
302.5 – 4000nmの波長範囲の光を放出するレーザー。
光学系で覗かない限りは安全なレベルである。
このレベルの光を屋外に放射することは、望遠鏡等を覗いている人がいないとは言えないので危険と考えるべきである。
つまり屋内などの使用条件が限定された場所でのみ安全なレーザーとみなすべきである。
●クラス2M
可視光のみに規定され、眼の保護は「まばたき」などの嫌悪反応により安全が確保されるレーザー。
光学系で覗かない限りは安全なレベルである。
●クラス3R
直接のビーム内観察は潜在的に危険であるが、
その危険性はクラス3Bレーザーに対するものよりも低いレーザー。
製造者や使用者に対する規制対策がクラス3Bレーザーに比し緩和されている。
クラス1あるいはクラス2のAELの5倍以内である。
鍵やインタロックを取り付ける必要がない点で、その上のクラスとは異なっている。
●クラス3B
連続発振レーザーで0.5W以下、パルスレーザーで10~5Jm/m~2以下のもの。
直接見ることは危険なレーザー。直視をしなければ安全なレベル。
鍵やインタロックを取り付ける必要がある。使用中の警報表示等が必要。
●クラス4
散乱された光を見ても危険なレーザー。
皮膚に当たると火傷を生じたり、物に当たると火災を生じたりする恐れのあるものを含む。
出射したビームは必ずブロックする等の対策が必要。鍵やインタロックを取り付ける必要がある。
使用中の警報表示等が必要。

アメリカ軍の物はこれよりさらに強力なんでしょうか??
光の速度で一瞬に数万度の高温が発生するとは考えるだに恐ろしい・・・

昼間でも使える墨出し器なんかは結構強い光線が出るので、
直接見たりしないよう気をつけましょう!!
高照度のレーザー墨出し器は上記「クラス1M」ものも実際に有りますので取り扱い注意です。
余談ですが、墨出し器はレーザー光を発している間は決して動かしてはいけません。
電源が入っていると内部のセンサーがフリーになって水平を出す仕組みで、電源オフでそれがロックして動かせる状態になるのだそうです。
光ったまま強い衝撃や、不意の外力があると壊れますのでご注意ください。

 

なんだかんだで、工具の世界でも普通に存在しているレーザー測量・測定機、
当店でも
こんなのとか
こんなのなんかあります。

楽天墨出し器はこちら⇒http://search.rakuten.co.jp/search/inshop-mall/%E5%A2%A8%E5%87%BA/-/sid.245395-st.A
墨出し作業はレーザーが使われることで大幅な作業の効率化を実現しました。
各店舗豊富に取り揃えておりますのでどうぞ気軽に覗きにきてくださいね!!

 

無料査定・買取依頼はこちら

工具の買い替えを検討してる方、型落ち、機械の処分、廃業時の大量処分など、お気軽にご連絡下さい。寄楽屋(きらくや)は無料査定・スピーディーに現金化します。

中古工具買取販売の「寄楽屋」店舗