千葉店から更新です。

先日の連休にバス釣りに行ってきました。

家から15分ほどで行ける某河川。
まだまだ自然豊かな環境で、とても良いロケーションを楽しめます。
あまり詳しい内容は載せたくないので伏せますが、文章の内容から
知っている人は「あぁ、あそこだな」とお察しいただければ。

この川は実に特殊な造りになっています。
通常川というのは上流側が高い位置にあり、
重力で下流に向かって流れますが、
ここに関してはちょっとだけ勝手が違います。

いわゆる「上流側」に存在する川の方が川底が低いため
「下流」とされる側に水を流すためにはポンプで揚水しなくては
いけません。

川の造りからして上流から上流に流している感覚です。
解りづらくてスミマセン。
大雨が降った場合、片方(上流側)の川の排水が追いつかなくなった時にのみ
稼働するといった場所なのです。

自分が良く行くのはこの「下流側」とされる川で、ボートを浮かべて
楽しんでいます。

当日もボートを浮かべて出発して一時間ほどした頃、
岸にいるヘラ鮒釣りの方に、
「今日は機場のポンプを動かすから危ないぞ!!」
「濁流になって帰れなくなるから早く戻りなー」
という忠告をもらいました。

時間を見ると機場の運転まであと30分ほど。
船を出した場所からそう遠くは離れていなかったので
急いで戻りました。

釣りを始めてから一匹も釣れていない状況プラス
たいして時間も経っていなかったので
後ろ髪を引かれつつ後片付けを進めるとアナウンスが流れ、
いよいよ放水となりました。

数分経ってもたいした事ないのでこんなものなのかかと思いきや
片付けながら見ていると数十分後には猛烈な濁流に。。。。
状況を見る限りでは危機一髪でした。
下流側の遠くまで進んでいたらアウトだったかもしれません。

後々この情報は「某機場」のHPで見れる事を知りました。
ちなみに放水した後は川底の泥やら浮いてるゴミやらが
すべて押し寄せて流れるためしばらく釣りにならないそうです。

あまり釣りできなかったのは残念だけど
何事もなく無事に帰ってこれたので良しとします。
みなさんも釣りやレジャーに行く際は周辺情報に耳を傾けて
安全に楽しんでくださいませ。

というわけで釣り好きスタッフ㋑でした。

————————————————————————-

ポンプ繋がりで。

寄楽屋各店でもポンプ関連取り扱ってます。

2015-10-24 12.56.18

2015-10-24 12.56.35

2015-10-24 12.56.49

※画像は千葉店在庫です

水中ポンプ、井戸ポンプ、エンジンポンプ等、
各種ございますのでお探しの方は是非!!

長文失礼致しました、それではまた☆

無料査定・買取依頼はこちら

工具の買い替えを検討してる方、型落ち、機械の処分、廃業時の大量処分など、お気軽にご連絡下さい。寄楽屋(きらくや)は無料査定・スピーディーに現金化します。

中古工具買取販売の「寄楽屋」店舗