PR—寄楽屋 成田本店 年末特別セールのお知らせぜひご覧ください!!

寒くて毎日が地獄のような冷え性の本店Kです。。。。

さて、こんな季節でも野外で各種作業をされている方
エンジン機器類の調子はいかがでしょうか。

自動車はもちろん、農機具、エンジン工具、発電機などなど・・・
いわゆる内燃機関を利用したものは生活の必需品です。

寒くなってくると、エンジンのかかりが悪い、
オイルの種類をかえなきゃとかいろいろ手間がかかるもんです。

先日、当店に「4サイクル」の刈払機があることを発見して
おー、、、って思いました。

マキタ  MEX2650LHM

makita kariharai

昔ホンダが小型汎用エンジンの4サイクル化を発表した記事をみて、
世の中どんどん環境って云うことに配慮しなくてはいけないんだなあと時代の趨勢を感じたものです。
自動車然り、スクーター然り。ディーゼルもですね。

で、なんで「4サイクル??」

燃費・排気ガス、そして技術の進歩によって2サイクルの利点がカバーできるようになったということでしょうか。

とは言えまだまだ2サイクルエンジンは需要があり、生産は続いております。
汎用小型エンジンはキャブレター付2サイクルエンジンが多いですね。
ちなみに2サイクルガソリンエンジンはインジェクション仕様の物はほぼ無く、

新品は現在でもキャブレター仕様エンジンがほとんどです。
直噴2サイクルエンジンの開発は研究中だそうです。

理論効率とパワー比は2サイクルのほうが性能がよいので
将来新型直噴2サイクルエンジンが普及してくるかもしれませんね。
刈払機・チェーンソー・カッター・ブロアーなど、
電気式が使えない野外やパワーのいる作業では現代でも活躍中です。

ちなみにキャブレターってこんなパーツ。
IMG_0229
小型バイク用の老兵だそう。。。
cablator gousei
↑国内一流メーカー品です^^

昔エンジンのキャブレターを作ってたメーカーは今どうしてるかなと
往年の名品を生産していたミクニ・ケイヒンをちょっと調べてみました。

■ミクニ■
株式会社ミクニ、創立大正12年。合資会社三國商店として自動車・自転車およびその部品の輸入業から事業がはじまる。
戦後、自動車用キャブレター・ポンプ等の生産を開始し、ソレックスと提携など業務を拡大。
現在東京証券取引所の市場第1部に上場など、順調に業績を拡大しているようです。
自動車用だけでなく、ガス器具の制御装置や介護用部品など、時のニーズに見合った製品の開発にも力を入れている大企業に成長していました。
キャブレターは作っているのか?というとちゃんと生産しているようですね。
ミクニ キャブレター
二輪車・汎用エンジン用ですが、ミクニのイメージはまだまだ健在のようです。

■ケイヒン■
株式会社ケーヒン、昭和31年神奈川県に設立。当初よりホンダ、富士重工などの二輪車のキャブレターに採用される。
その後順調に業績を伸ばし、レース活動にも積極的に参加。自動車関連部品一筋に、キャブレターメーカーとしては世界でもトップクラスのシェアを持つ。
ケイヒン キャブレター
こちらも元気にがんばっているようです。
未だに日本国内で生産されているのですね。

キラクヤ商品はまだまだキャブ仕様のエンジンを載せた機械類が多いです。
早い話、紐を引っ張って(リコイル)エンジンをかけるガソリン使用のエンジンはまずキャブレターが使われています。
刈払い機(草刈機)
エンジンチェーンソー
ブロアー
発電機
エンジンコンプレッサー
などなど。

本店ではエンジンに精通した修理スタッフが常駐していますので安心して購入・相談ができますよ。

エンジン物に強いキラクヤ成田本店でした~。
ーーーーーーPR ーーーーーーーーーーーー
もうすぐクリスマス♪
本年最後のお買い物はお済みですか??
あれ買っとけばよかった~、なんてことないように
余裕のクリスマスを迎えたいものです。
( ・_ゝ・)o*――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――*o(・c_,・)

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
さてちょっと気が早いですが、年末年始のお知らせです。

年末は、30日(18時) まで
新年は、1月4日より営業いたします

どうぞ本年、また来年も「寄楽屋」を

よろしくお願い申し上げます!!

無料査定・買取依頼はこちら

工具の買い替えを検討してる方、型落ち、機械の処分、廃業時の大量処分など、お気軽にご連絡下さい。寄楽屋(きらくや)は無料査定・スピーディーに現金化します。

中古工具買取販売の「寄楽屋」店舗