ブログでははじめてお目にかかります。千葉北店Nです。

ここしばらくカラッと晴れた日が続いていたのに、とうとう今年も梅雨がやってきましたね。
雨が降ろうと風が吹こうとバイク通勤の私も、この梅雨に備えてレインウェアを新調しました!
値段と耐水圧、透湿性を見比べて…

そう、レインウェアといえば安いものは非常に安く手に入り、高いものは目玉が飛び出るくらいに高いのですが、
「安いものだと不安だけど高すぎてもお金の無駄に感じる・・・。ちょうどいいレインウェアを選びたい・・・。」
と考えてる方も少なくないのでは・・・と、レインウェアを選びながら思いまして。

そこで!今回は梅雨を乗り切るレインウェアの選び方を!

まず、個人的に思うレインウェアで見るべきステータスは、

耐水圧!
透湿性!

(例:お店においてある1,980円のレインウェア)

この2つです。
他にも撥水性や価格や色々見るべき点はありますが、最重要ステータスとしてはやはりこの2つだと思います。

「耐水圧」
これは布地がどれだけの水圧に耐えられるかという数値で、数字が大きければ大きいほど水を通しづらい布地になります。
一例としては

●耐えられる目安
300mm:小雨
2,000mm:中雨
10,000mm:大雨
20,000mm:嵐

雨で見るなら、大体耐水圧10,000mm以上で選べば雨がしみ込んでくることはないみたいです。
ただ濡れた場所に座ったりすると、人の体重を受けて接触面で挟み込まれた水分の圧力が上昇し、
体重75kg程の方であれば約2000mmもの圧力がかかることになります。油断してるとズボンがびしょびしょですね…。

さらに膝立ちをしたりすれば、約11,000mm程になるみたいですね。
重いものを持ったり、膝立ちをして作業する人であれば、大雨に耐える程のレインウェアですら水が浸透してしまいそうです。
そういった作業が多い人こそ耐水圧の値が高いレインウェアを着てみるのがおすすめです。濡れた荷物を背負っても安心です。

当店では耐水圧5,000mm程のレインウェアが税別1,980円で手に入りますよ。(宣伝)

「透湿性」
こちらは逆にレインウェア内部の水分をどれだけ外に排出する力があるかの数値になります。
こちらの目安としては

●1時間での発汗量
軽い運動:約500g
ランニングなどの激しい運動:約1,000g

500gと言ったらペットボトル一本分・・・。1時間作業していればレインウェアの中にペットボトル1本か2本もの水分・・・。
透湿性がなければ雨に濡れてないのに汗でびっしょりです。

そんな汗を追い出すのに大体どれほどの透湿性が必要なのかといいますと、

おすすめ:10,000以上
作業中も快適:20,000以上

が目安との事です。

耐水圧と透湿性、この2点を踏まえて「よしじゃぁ耐水圧も透湿性も高くて快適な逸品を・・・」とレインウェアをあさってみると、一着が数万円する品もありますが、一度着てみると違いに驚くことになるかもしれませんよ。

「そんな大雨の日に仕事しないでしょ」って方は当店のレインウェアはいかがですか?

無料査定・買取依頼はこちら

工具の買い替えを検討してる方、型落ち、機械の処分、廃業時の大量処分など、お気軽にご連絡下さい。寄楽屋(きらくや)は無料査定・スピーディーに現金化します。

中古工具買取販売の「寄楽屋」店舗