どうも、千葉店㋑です。

この間、仲間と話している時にこんなウワサを耳にしました。

「最近ミニ四駆がヤバイらしい」

全く知りませんでした。

子供の頃に流行ったのが最後だろうともうすでに
過去の産物だと思っていた自分が恥ずかしいです。

今やミニ四駆は子供だけでなく大人をも巻き込む
一大ムーブメントになっているみたいですね。

記事から抜粋↓
—————————————————————–
今回は、かつて夢中になった大人が中心!

人気再燃のきっかけは、’12年にミニ四駆全日本選手権
「ジャパンカップ」が13年ぶりに復活開催されたこと!

昨年の同大会では参加人数が約1.5倍に増加。
全国14会場で行われた予選・決勝レースに、約2万人が参加したという!
—————————————————————–
マシンも昔に比べて随分と合理化されているらしく
物凄い速いスピードで走るみたいです。

子供の頃は限られたお小遣いで楽しんでいた大人達が
ここぞとばかりに「大人買い」できるのがやはり魅力です。

ミニ四駆の初期の初期は正直わかりませんが
ハイラックスやジムニー、サファリなんかもあったみたいです。

自分らの頃に大流行したのはレーシングシリーズの
「ホーネット」や「ホットショット」
「フォックス」や「ブーメラン」
「サンダーショット」「サンダードラゴン」
「ファイヤードラゴン」「アバンテ」等々etc…
ラジコンからスケールダウンしたモデルが多かった気がします。

その後、「ダッシュ四駆郎」とかが流行った頃の
「エンペラー」や「バーニングサン」
「キャノンボール」あたりは晩期でした。

文章ばかりではちょっとアレなので
動画を貼り付けてみました。涙出てきます。
懐かしい。。。。

子供の心を忘れない大人でいたいものですね。

今回は工具関係なくてスミマセン。

それではまた☆

無料査定・買取依頼はこちら

工具の買い替えを検討してる方、型落ち、機械の処分、廃業時の大量処分など、お気軽にご連絡下さい。寄楽屋(きらくや)は無料査定・スピーディーに現金化します。

中古工具買取販売の「寄楽屋」店舗