東日本大震災から5年、建設業はいわゆる震災需要で静かに活気づいているかのようですが、経済はまだまだ足踏み状態な感が否めません。
オリンピックも控えた建設業界が盛況を迎るのを願いつつ、先日会社内で工事が有りました。
砂利の商品置き場をコンクリートの土間にする土木工事です。

当社は様々な職人さんとお付き合いが有りますので、構想に沿ったきめの細かい施工が出来るのが強みです。
モチロン従業員もお手伝い。
基礎工事業に縁のなかった人たちも丁寧な指導を受けながら本職さんのプロフェッショナルワークに携われました。

さて、工事と言っても実際に何をどうするのかは、専門の技術を持つ職人さんと現場を仕切るリーダーがいないとうまく回りません。
阿吽の呼吸と段取り八分、人とのつながりがものを言います。

◎以下工事の手順を大まかに。

1敷設工事
水道や電線、その他地面の下にある物をきちんと施工します。

IMG_0202
IMG_0206
IMG_0248
IMG_0254
IMG_0256この真っ直ぐ感がポイント!

2ならし
様々な建設機械を使ってコンクリートを打つ地面を平にします。ユンボ大活躍!

IMG_0268

IMG_0261プレートで均します。

 

 

 

 

 

 

3鉄筋 メッシュ張り 番線ドメ

芯材になる鉄筋を整然と敷き詰め、丈夫で平らな基礎をつくります。
IMG_0289IMG_1161

 

 

 

 

小ブロックで浮かすのがキモ!!

コンクリがきちんと底に張り付くように調整します。

 

整然と敷かれた鉄筋の様子

IMG_0286
芯材になる鉄筋を整然と敷き詰め、丈夫で平らな基礎をつくります。

4コンクリート流し・整地
ポンプ車などを使って生コンを投入。ならす作業です。「トロウェル」という専用の機械です。
2016-03-17 15.14.142016-03-17 15.13.592016-03-17 15.14.182016-03-17 15.13.57

 

 

 

 

 

 

表面を平らに、段差やむらが無いよう、最後は人の感覚で仕上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★改装に際しては、従来の施工物を変形させることが多々有ります。
コンクリート舗装の際をまっすぐにするため、コンクリートを切断できる機械がこれです。

道路カッター
IMG_0196IMG_0197

 

 

 

 

こんな真っ直ぐな切断面が出来上がります。

IMG_0185

 

 

 

 

 

位置決め・仕上げ埋めに不可欠です。
IMG_0279

道路工事で見かけたことのあるかたも多いでしょう。大型の舗装用から、こんな小型の狭い場所用のものまで様々です。
意外だったのは、個人でも買えるような手軽なものがあること。(自分が知らなかっただけかもしれません・・)

 

でもやっぱり最後は「人の手」が最高のクオリティーなのです。
現場では基本的に分業ですが、いろんな技術がある職人さんは重宝されます。
仕上がりのイメージが、具体的にいつどんな工程で施工できるかが頭にあるかどうかで仕事に差が出てきます。
工期・価格・天候などの作業条件、、、いろんな課題をクリアするために臨機応変に動けるのが

プロ

なのでしょうか。
店主の構想を具体的な形にする、DIYを超えたプロの技を堪能させていただきました。
2016-03-17 11.55.42
仕上がりは上々のようです。
IMG_0184
あなたの夢のお手伝い、キラクヤでできるかもしれません。
———————————————-

無料査定・買取依頼はこちら

工具の買い替えを検討してる方、型落ち、機械の処分、廃業時の大量処分など、お気軽にご連絡下さい。寄楽屋(きらくや)は無料査定・スピーディーに現金化します。

中古工具買取販売の「寄楽屋」店舗