寄楽屋について

千葉県で一番を目指す工具のリサイクルショップ

弊社は1948年(昭和23年)に祖父がはじめた古物商を父が引き継ぎリサイクルショップを開業したのが1997年(平成9年)です。それから2019年に私が3代目として事業を引き継いでおりますので、2021年現在約73年の歴史があります。

最初は一般的なリサイクルショップとして、家具や家電なども販売しておりましたが、当時としてはまだ珍しかったのが工具の買取販売でした。インターネットも普及しておらず買取価格や販売価格を独自の計算方法で決めていきました。その時代からのデータが今も寄楽屋だからできる安心価格に繋がっています。

工具のリサイクルショップとして1997年より千葉県成田市で開店以来、2020年現在県内4店舗の総売り場面積は1,200坪以上、在庫数は150,000台を超えております。
寄楽屋は商品数や売り場面積だけでなく、工具のリサイクルショップとして千葉県で一番を目指しています。
寄楽屋という字を一つずつ見ていくと
『寄って楽しいお店』となります。

・宝物探しのようなワクワク感
・工具が大好きで知識が豊富なスタッフ
・アフターフォローがしっかりしている安心感

お客様からの安心や信頼を得るために、むやみに店舗数を増やさず、地域のお客様にとことんご利用いただきたいと思っています。
当店には最新の電動工具が揃っているわけではありません。
大きな重機が並んでいるわけでもありません。
でも、寄楽屋は『一般的ではないけど、その職業の方は必ず必要』な工具を取り揃えています。
これは当店が長年つちかってきた膨大なデータがあり、数多くの工具に触れてきたスタッフがいるからこそできることです。

ホームセンターにも売ってないけど、
「寄楽屋に行けばなにかある」
「寄楽屋に行って無かったら考えよう」
お客様が工具で困った時、まず思い浮かべてもらえるお店になりたいです。

代表取締役社長  武田 直哉